水と健康の関係 | 今注目のピュアウォーター(純水)とは何か

意外と知らない?効率的で健康的な水の飲み方を解説

毎日、健康的な暮らしを送るためには、水を飲むことは欠かせないことですが、飲み方によってその体に及ぼす影響が大きく異なる場合もあります。毎日飲むものであるために、健康を維持するためには、正しい方法で水を飲む習慣を身につけることが非常に重要です。ここではそのような暮らしの中での正しい水の飲み方について解説します。

健康維持のために役立つ正しい飲み方

子供

毎日当たり前のように飲んでいるものであるために、正しい水の飲み方については、十分に知られていませんが、飲み方によって体に与える影響も大きく異なります。

人間の体は半分以上が水分でできているために、生命活動を維持するためには毎日の水の補給は生きていくうえで必要不可欠になります。人間は口から飲んだ水を体内で体の一部として取り込んだり、余分な水分を排出したりしますが、生きていくうえで必要となる水分量は年齢や性別によって、それぞれ異なっています。

そのために、生命活動に必要な水分量を一日ごとにしっかりと摂取する必要があります。必要な水分量が足りないと、便通などにも影響を及ぼして、体全体にも悪い影響を及ぼす可能性があります。

正しい方法で水を飲むことは体の老化を防ぐ上でも効果的です。体に毎日十分な水分を補給することで、体の機能を正常に維持することができるために、体にかける負担も少なくすることができ、組織の老化を防ぐことができます。

正しい方法で水を飲むために必要なことは、一度に大量の水を飲まないようにすることです。人間にとって一日に必要な水分量を限られた少ない回数で補給してしまうと、体に負担がかかりやすくなってしまうために、できるだけ水分補給はこまめに行なう必要があります。

一回に飲む量として適当なのはコップ一杯ほどの量です。具体的には多くても毎回250ミリリットルほどに抑えるのが最適です。それ以上の量を飲んでも、体の中で一度に使用することができないので、体外に排出されることになってしまうために、健康維持のために、健康維持のためには大きな効果は期待できません。

必要な時にこまめに補給をする飲み方

起床

正しい習慣を身につけて水を飲むうえで必要になるのは、一日のどのタイミングで飲むべきかをしっかりと把握しておくことです。飲むと大きな効果があるのは体が乾いた状態にある時です。朝起きたときに飲むと良いのはこうした理由によるものです。

人間は寝ている間にも生命活動を行っていて、発汗などによっても体の中から水分が自然に減少していきます。ですが睡眠中は起きているときのように補給ができないために、朝起きた時には体の中は非常に乾いた状態になってしまいます。そのために朝起きた直後に飲んで、補給することには、体の機能を維持するうえで大きな意味を持っています。

体内から水分が減少する場合としては、激しい運動をした後もあげられます。特に気温の高い時期などに大量の汗をかいた後などにはすぐに体に液体を補給する必要があります。スポーツをしているときなども、こまめに補給することが不可欠です。

水は寝る前にもしっかりと飲むことも大切です。寝ている間は補給ができないので、睡眠中もしっかりと生命活動が維持できるように、適量を寝る前に飲む習慣を身につける必要があります。

飲む種類にもこだわることで、さらに健康維持に水を飲むことができます。軟水と硬水の二種類がありますが、軟水は含まれているマグネシウムやカルシウムの量が一定以下のものです。

その他に炭酸水も販売されていますが、これは炭酸ガスが溶け込んだものです。炭酸水はマグネシウムやカルシウムが多く含まれている硬い味のするものも、飲みやすくすることができるために非常に人気があります。日本以上に、外国では特に人気があります。

月間記事ランキング