水と健康の関係 | 今注目のピュアウォーター(純水)とは何か

軟水と硬水の違いってなに?健康にどんな影響がある?

お水を飲むことで健康になる、という考え方が浸透してきた現代では、水にも硬水と軟水という違いがある、ということはよく知られています。硬水と軟水の違いは、その水が持つ硬度の違いなのです。硬度とは水1Lあたりに含まれるカルシウムやマグネシウムの分量であり、世界保健機関が定めている基準では硬度120㎎未満が軟水、120㎎以上が硬水とされています。含まれる成分の量が違いますから、飲みやすさや飲むことで吸収される成分、健康への影響も当然違って来ます。

硬水のメリットとデメリットとは

水

硬水とはマグネシウムやカルシウムが多く含まれている水を指し、その味は口当たりが重くて苦味を感じます。世界保健機構では1Lの中に含まれるミネラルが120㎎以上か以下かで定義付けていますが、日本では1L中に100㎎以上か以下かで分類しています。

硬水が多く出る国ではミネラル豊富な水を普段から使っているのですが、硬水は洋風の煮込み料理に適しています。それは肉の臭みを消したり煮込んだときにアクを出やすくする働きがあるからで、シチューなどを作るときには硬水を使うようにすると臭みや苦味を消すことができます。 そして豊富に含まれているマグネシウムは下剤に使われていることもあって、消化器系に影響を与えて便通を良くする効果があるとされています。そのためにダイエットをしている女性などに、老廃物を出すという目的で好んで飲まれます。また血液をサラサラにする効果があると言われているため、動脈硬化を予防して心筋梗塞や脳梗塞といったリスクを減らすことが期待出来ます。

では硬水のデメリットですが、それは結石のリスクが高まるということでしょう。腎臓に問題を持つ人が硬水を多量にとってしまうことでカルシウムをろ過できず、結石のリスクが高まることがあります。そして胃腸が弱い人が飲むと、お腹がゆるくなってしまうということも覚えておきましょう。 硬水に多く含まれるマグネシウムには独特の苦味と風味や香りがありますので、料理の味付けの邪魔になることもあります。例えば紅茶やコーヒーなどの香りを楽しみたい飲み物を作るときや、素材の風味を活かしたい料理などには向いていません。

軟水のメリットとデメリットとは

和食

日本人は軟水の方が合うといわれますが、それは日本人が普段飲んでいる水が殆どが軟水であるためです。ですから当然、日本料理に適しています。素材を生かした繊細な味付けが魅力なのが日本料理であり、軟水は基本的に無味無臭ですから合うのでしょう。 また軟水はマグネシウムの含有量も少なくてお腹に優しいために、赤ちゃんや小さな子どもにも安心して与えることができ、口当たりはさっぱりとしてまろやかですから飲みやすさは硬水より上になります。マグネシウムが多く含まれていると胃腸に大きな負担がかかりますし、また小さな子供は臓器の発達がおいつかずにミネラルを分解して吸収できません。

軟水は肌や髪にもやさしく、石鹸や洗剤の泡立ちもよくて体や髪を洗ってもパサパサになることもありません。それはカルシウムイオンやマグネシウムイオンの影響がないからですから、外国旅行をして髪を洗ったら髪がきしんだり、肌荒れを起こしたりするのは硬水だからであるのが原因です。

軟水のデメリットは大きなものが一つで、それはミネラルの補給ができない、ということです。ミネラルは筋肉の痙攣や足がつってしまうことを予防するなどの効果があり、日頃から一定量摂取する必要がありますが、ミネラル含有量が少ない軟水を飲んでいては多く摂取することは難しくなります。特に現代の日本人は食生活の変化からミネラルが不足しがちだといわれていますから、積極的にとっていかなくてはならないのです。ただし日本人の体には硬水が合わないこともありますから、その場合はサプリメントなどで不足分を補うようにしましょう。

月間記事ランキング