水と健康の関係 | 今注目のピュアウォーター(純水)とは何か

まだ水道水を使い続けますか?ウォーターサーバーで生活を一変しよう

日本の水道水は世界の中で見ても清潔で毒素が極めて薄い軟水であることが実証されています。そのため直に飲んでも問題ないですが、カルキや塩素の臭いが気になる人も多いです。水道水を料理に使用していると、カルキの影響で必ずしもおいしい料理ができるとは言い切れません。そして人の体はほとんどが水分であることから、飲み水はできるだけ清潔に保ちたいと思うはずです。

体が弱い人にとって安全に飲むことができる。

体が弱い人

普通の人であれば、日本の水道水を飲んでも特に害を及ぼすことはないでしょう。しかし持病を抱えている人や赤ちゃんは抵抗力が弱いため、少しの有害物質でも過剰に反応してしまう傾向があります。

水道水には不純物が含まれていて、体の弱い人は下痢を引き起こす人も見受けられます。最近主流になっているRO水は精密なフィルターを通すことで細菌や不純物をろ過します。バクテリアは人類にとって身近な存在ですが、傷口から入ることで最近に感染することで死亡してしまう子供が世界では存在するのです。

日本では昔、山梨県のある村で村人の半数がお腹が大きく膨れてしまう奇病が発生していました。しかもそれは安土桃山時代から平成に至るまで続いたため、この病気が終息したのはここ最近のことです。日本全国から医師が収集されて遺体の解剖をした結果、謎の卵が植え付けられていることが判明したそうです。これは日本住血吸虫と呼ばれて最初は貝類の中で成長して人間に寄生するため、その後は村全体で水道管の工事処理が実施されました。現在の日本では住血吸虫は存在しないため、安全に飲むことが可能です。

それでも細菌や寄生虫は進化するため、また人類を脅かす微生物が発生する可能性も指摘されます。この危機を打開するためにも、これまで水道水を飲み続けている人はウォーターサーバーに切り替えることで安心感も得られることができると思われます。不純物が少ない水はもはやメリットがたくさんあります。

もしも水道水を飲める体質であっても、不純物が体内に蓄積されることで病気にかかりやすくなる可能性があり、一生健康な体を維持するのは難しいと言えます。

調理をする際には欠かせない存在である

料理

超一流のレストランや五つ星のホテルで食べるような食事は極めて美味しいと感じてしまうほど立派です。もちろんシェフの料理の腕が良いのは事実ですが、このような格式高いレストランでは高い割合で浄水器やウォーターサーバーを使用して、お客さんにも飲み水として提供しています。

例えばほうれん草のお浸しを作る場合はウォーターサーバーのお湯を使えば時間を大幅に節約できます。そして余計な塩素や不純物を取り除く必要もないため、毎日の調理が楽になるのは間違いないでしょう。最近の物は冷水と温水を作るタンクがあり、料理をよくする人はお湯の機能が付いたウォーターサーバーを見つけるのが良いでしょう。

さらにウォーターサーバーの水は味をまろやかに変える効果があります。水道水を直に飲むと苦みを覚えますが、これはカルキが舌に付着して苦いと感じてしまうそうです。もしも水道水を使用しておいしいドリップ式のコーヒーを作っても、カルキの影響であまり美味しいと感じないかもしれません。そのような場合はウォーターサーバーの水を一口分加えることで、水の質がまろやかに変わってとても飲みやすくなります。

このようにウォーターサーバーは料理を楽しくしてくれるため、現在では多くの主婦が購入しています。この水を使用することで今まで飲んでいたお茶やコーヒーがいつもとは違った味に感じるかもしれませんが、誰でも安心して飲めることは間違いないでしょう。料理が苦手な人でも水を良いものに変えることで、いつか楽しいと実感する時が来るかもしれません。水はそれだけ人間と深く共存しているというのがよく分かります。

月間記事ランキング