水と健康の関係 | 今注目のピュアウォーター(純水)とは何か

水ダイエットで太るのは間違ったやり方のせい?正しい方法を教えます

水

水ダイエットのやり方は非常に簡単で、毎日水をたくさん飲むだけでダイエットをすることができます。けれども簡単だからこそ間違ったやり方を行ってしまうと、痩せるどころか太ってしまったり病気になってしまうリスクもあるので気を付けましょう。正しい知識と方法で行えば、不要な脂肪や老廃物を輩出して痩せる効果が期待できます。

間違った思い込みややり方は重大なリスクがあるので注意

水ダイエットで太る人の特徴は、極端に水を飲んでしまうことです。水さえ飲んでいればいいという間違った知識でダイエットを始めてしまうので、痩せるのではなく太ることになってしまいます。飲み過ぎることが何がいけないのかというと、いきなり多量に飲んでしまうと、お腹が緩くなってしまうなどの体調不良になってしまうことがあります。

極端な食事制限をして、食事の代わりに水でお腹をいっぱいにするようなやり方を行ってしまうと、栄養失調になってしまう可能性もあって危険です。体調がおかしくなると腸の働きなども鈍くなり、血行も悪くなるなど様々な身体の不調が起こります。そしてうまく汗をかけなかったり、肝臓や腎臓に負荷がかかってしまい、飲んでいる量に対して排尿が少なくなり、身体に水分がたまってしまい顔や足などがむくんでしまう、いわゆる水太りの状態になってしまう可能性があります。

また水を多量に飲み過ぎてしまうことは、水中毒を起こしてしまうリスクがあります。水を過剰に摂取したことで体内にあるナトリウムが少なくなり低ナトリウム血症という症状になってしまいます。ナトリウムはわかりやすく言えば塩分のことなのですが、血液中のナトリウム濃度が極端に低下してしまうと、身体が疲れやすくなり、嘔吐や痙攣が起こるリスクが高まり、最悪のケースでは死に至ることもあるので注意しなければいけません。

水を飲むだけで痩せる効果が期待できるダイエット方法なのですが、だからといって極端に飲めばそれで痩せるというわけではないので、自分の体重と食事のバランスなどを考えて適量を飲むようにしましょう。

体重によって飲む量を計算する必要がある

体調不良

水ダイエットの正しい方法は、一度にたくさん飲むのではなく、一日のうちに何回にも分けて飲んでいくことです。特に朝起きた直後と寝る前にコップ一杯飲むと、血液の流れをよくする効果も期待できて、ダイエット効果がより高まります。食事を食べる前にも飲んでおくと、食べる量を自然に減らすことにも繋がります。

水ダイエットで一日に飲んだほうがいい量は、体重によって違います。基本的には体重の3%から4%くらいの量を一日で飲むようにします。例えば50㎏の人ならば、1.5Lから2Lくらいの量になるわけです。この量を起床時や食事の前、就寝時やお風呂の時などにコップ一杯くらいを飲んでいきましょう。もちろん喉が渇いたときなどにも我慢しないで飲むことが大切です。

特に食事制限をする必要もありませんが、よりダイエット効果を高めるのであれば、バランスの良い食事を心がけて、適度な運動で汗をかくようにすると老廃物を効率よく体外に排出することができます。飲む水も冷蔵庫で冷やしたものではなく、常温か軽く温めた白湯にして飲むと腸を温めて働きを活発にする効果も期待できます。冷たいものを飲むと、腸の働きを鈍くしてしまったり、お腹が緩くなってしまうこともあるからです。さらにお腹が冷えると腸を守るために脂肪がつきやすくなってしまい太る可能性もあるので注意が必要です。

水ダイエットは非常に簡単です。簡単だからこそ、正しい方法で行うようにしましょう。無理にダイエットをしようと思うのではなく、生活の中に自然と水を飲むようにしていくと、体の中をきれいにすることができて、無理なく痩せることもできるでしょう。

月間記事ランキング